「合気道の基本」

本名:中村 隆信

学生時代より、合気道を始め数十年、約30年前に「戸塚中村道場」を開門。
以来、館長として還暦を過ぎた現在もなお、小学生から御年配者まで、
幅広い年齢層の方々に御指導されています。
合気道以外にも柔道、居合道も学ばれています。

 また、合気道は「受身の武術」と言われる事もありますが、本流派には「攻め」の
戦い方もあります。
 それが手刀による「打ち」で、別名「秘の打ち」とも呼ばれています。
 有名なものでは力道山の空手チョップは、実はこの「秘の打ち」なのだそうです。

 もしお子様を少年部等に入門させます場合、御両親は様々な目的、願いを
持って合気道に入門させたいと思われるでしょう。
 例えば、心身ともに強い子にしたい、礼儀正しい子にしたい、あるいは
協調性のある子にしたい等、色々な願いをこめて入門させるかと思います。

 又、青年部におきましても、若い方は乱取りで強くなりたい、技を磨き高段者
になりたいなど、年配の方は健康の維持、ストレス解消のために、と様々な
目的を持って入門されるかと思います。

 私が入門される方に望む事は「継続は力なり」という言葉です。
 長く続ける事、それによって諸々の事が必ず達成できると思います。


 合気道は投げ技だけでも数十種類ありますが、その技を正確に、しかも
確実に使えるようになるには何度も何度も練習し、経験を積み重ねていかな
ければなりません。

60年以上も合気道を続けてこられた名人が、晩年になって
「やっと一つの技を極めた」

と言われる程、武道は奥が深いものです。

こちらでは、隆武会合気道、戸塚中村道場館長のお話と、
合気道についての簡単な解説を記載致します。

 古くは戦国時代より、甲斐国の名門・武田家に伝承されて来た武術です。
 近年、様々な高弟達により複数の流派が生み出されており、本道場は大庭一翁
が開いた「武田流」の流れを汲んでいます。

合気道の起源」

「打ち」

 合気道は基本的には「後の先」と言って、相手の攻撃に対しそれを返す、もしくは制
すると言った戦い方が基本です。合気道が「護身術」に向いているといわれるのは
このためで、様々な状況からの攻撃に対する技が存在します。

 敵の攻撃に対してその隙を付き仕掛ける投げ技や、敵の動きを封じてしまう抑え技、
寝技など、状況に応じて戦い方を変える事が出来ます。

館長より一言」